【初心者向け】1日15分/スキマ時間にできる英会話トレーニング(できる・できない)

今回は、『できる・できないを伝えるフレーズ』のトレーニングです!

トレーニング方法)
Step1:英文を見て「シチュエーションをイメージ」しながら声に出して読む。
Step2:日本語を見て「シチュエーションをイメージ」しながら英語を声に出して言う。
Step3:自分で英文を作る。


Step1・Step 2を繰り返し行ってください。
繰り返し行うことで、自分の中に「型」がインストールされ、単語を変えるだけで伝えられる幅がぐんと広がります。2が口からスラスラ出てくるようになると合格です。

それでは、スタートです♪
今回のトピック『できる・できないを伝える』
学習時間目安:1日15分×7日間
学べる文法:助動詞can

解説)
「I+ can + 動詞 .」 わたしは、動詞 できる。
「I+ can’t + 動詞 .」わたしは、動詞 できない。

・この型では、自分ができること、できないことを伝えることができます。
・助動詞canの後は、必ず動詞の原形を置きます。

Step1:英文を見て「シチュエーションをイメージ」しながら声に出して読む。

1. I can swim long distance.
2. I can eat durian.
3. I can cook Korean food.
4.I can handle it.
5. I can show you some examples.
6. I can speak three languages.
7. I can’t live without coffee.
8. I can’t hear you.
9. I can’t see well.
10. I can’t imagine well.

Step2: 日本語を見て「シチュエーションをイメージ」しながら英語を声に出して言う。

1.長距離泳ぐことができる。
2.ドリアンを食べることができる。
3.韓国料理を作ることができる。
4.任せてください。
5.例をいくつかお見せしましょう。
6.3か国語話せる。
7.コーヒーなしでは生きられない。
8.(あなたの声が)聞こえません。
9.よく見えません。
10.あまり想像がつきません。

Step3:インストールした「型」(I+ can + 動詞 /I+ can’t + 動詞 )を使って文を作る。

自分が自己紹介するつもりで声に出して言ってみて下さい。
辞書を使ってもいいですし、例文の一部をアレンジして作ってもOKです!

例)I can show you some examples. 例をいくつかお見せしましょう。
⇒I can show you some pictures. 写真をいくつかお見せしましょう。
1.
2.
3.

【会員特典】
ご希望の会員さんは、Step3の英作文をLINEもしくはメールで送っていただくと、添削とコメントを添えてお送りします。

▼LINEはこちら
LINE友だち追加

▼メールはこちら
info@globalgate.asia

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!