【英語初心者向け】わかりやすい!おすすめ教材&勉強法    

「今から英語を学びたい!」「初心者だけど英語にチャレンジしたい!」という方におすすめの教材とその活用法をご紹介します♪

英語学習を何から始めていいのかわかならい方はぜひご参考ください。

1.シンプルで無駄がない!から続けられる

英会話の基本となる 「中学文法」をはじめからしっかり学べるオススメの1冊がこちら。
留学前の予習教材としてもオススメしています。

中学英語をひとつひとつわかりやすく。
「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」学研教育出版
書店やアマゾンなどで購入できます。

その名の通り、中学生で習った英語を全部ひとつひとつ分かりやすく解説していて、問題も充実しています。

英語教材って、難しい漢字や細かい英字で「読むだけで疲れる…」というのが多いのですが、これは本当にシンプルです。

2.効果的な使い方は?

それでは、テキストの具体的な使用方法をご紹介します。

初心者におすすめのテキスト
左ページが解説・右ページが問題になっています。

①インプット

まずは左ページの解説をじっくり読むことから始めてください。

②筆記

右ページの練習問題を解いてみましょう。

【ポイント】何回も反復練習をした方が良いので、直接書き込まずにノートなどに書くといいですよ

③リスニング・口慣らし・イメージ

右ページの該当の音源を聞き、「できるだけ」CDと同じスピード・同じ発音で口に出して言ってみましょう。
※CDがついています。
【ポイント】何も見ずに、英文の内容をイメージしながら言ってみましょう。

例)I play tennis. →自分がテニスをしているところをイメージしてみてください。

④アウトプット

右ページの練習問題の答えを口に出して言ってみましょう。
ぱっと口から出てきたら合格です!

【ポイント】「日本語→そのシーン(状態)をイメージ→英語を口から出す」を繰り返してみましょう。

①~④を繰り返し行うことで、その文法の「型」が自分の中にインストールされて、
その型を使い、単語を入れ替えると色々な表現ができるようになります〇

英語学習は、「スキマ時間」をぜひ使用していただきたいのですが、通勤電車などの移動中は、②の筆記は難しいので、
電車の中では、①インプットと③アウトプットをメインに行ってくださいね。

また学習したいページをコピーしておくと、テキストを持ち運ばなくていいのと、気軽にさっと取り出せるので電車学習にオススメです。ポケットに入れておくとトイレでも見直すことができますよ(笑)

初心者におすすめのテキスト
四つ折りにして、バッグやポケットに入れておくのがオススメ

3.学んだ文法を使って、実際に使えるフレーズを作ってみる!

テキスト内に出てくる、例文や問題の文を「自分用」にアレンジしておけば、会話にも使えます。
自分用のフレーズリストを作っておくと便利です。

例)
テキスト I’m a college student. (わたしは大学生です。)
→ I’m an office worker. (わたし会社員です。)

テキスト I practice the guitar every day. (わたしは毎日ギターを練習します。)
→ I go to the gym every Tuesday. (わたしは毎週火曜日、ジムへ行きます。)

テキスト I usually go to school with Kumi. (わたしはいつもクミとお学校に行きます。)
→ I usually have dinner with my wife.(わたしはいつも妻と夕食を食べます。)

4.まとめ

英語教材って本当にたくさんあって、色々試したくなるのですが、まずこの1冊を終えることを目標に始めてみてはいかがでしょうか。
焦って次々進むよりは、あやふやなところは、「繰り返して定着させること」が大事です。漠然と何かしなきゃ…と思われている方は、ぜひこの学習法を試してくださいね。

学習方法のご相談などもLINEで受け付けています。
LINE友だち登録はこちら

LINE友だち追加

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!