教室 英語

【かんたん英語フレーズ】教室で使える、絶対覚えて欲しい!質問フレーズ集

みなさん、こんにちは!

GlobalGateスタッフ、Miwaです。
今日は、英語の授業内で使えるフレーズをいくつかご紹介したいと思います!

英会話スクールに通う前、オンライン英会話を始める前、留学前など、英語の授業をスタートする前に、ぜひ覚えておいて欲しいフレーズです。
シンプルなのから始めますよ~

教室で使える、質問フレーズ

I don’t understand./わかりません。

“I don’t know./分かりません。・知りません”でも伝わります。

Could you say it again?/もう一回言っていただけますか。

先生が言っていることが聞き取れなかった時使うフレーズです。
いきなり言うよりも、”Excuse me…/すみません。”をつける方が丁寧です。

何回もこれを言いすぎると、先生も困ってしまうので、早くて聞き取れない場合は↓こちらを使いましょう。

Could you speak more slowly?/もう少しゆっくり話してもらえますか。

※slowly=ゆっくり

I don’t know the meaning of the word./その単語の意味が分かりません。

”What does it mean?/それってどういう意味?”も日常会話の中でよく使うフレーズです。
※meaning=意味

May I ask you a quesiton?/質問してもいいですか?

授業が終わってから、いくつかまとめて質問したい場合は、
”May I ask you some(いくつか) questions?”というように、a(1つ)をsomeに入れ替えてくださいね。

How do you spell it?/その綴りは何ですか?

先生が言っている単語をメモしたいけど、綴りが分からないときに。
※spell=綴る

How do you pronounce it?/それはどうやって発音しますか?

教科書に載ってある単語の読み方が分からないときに。
※pronounce=発音する

Let me think a while./少し考える時間をください

すぐに答えるのが出来ないとき、考える少し考えてから答えたいときに。
※a while=しばらく
”Hold on a second./少し待ってください.”でもいいですね!
※second=秒

Was it correct?/合っていますか?

※correct=正しい

自分の答えが不安なとき、正解か確かめたいときに。

How do you say it correctly?/正しくは、どうやって言いますか?

※correctly=正しく

一応は答えたけど…きちんとした言い方を知りたいときに。

Could you explain it again?/もう一度説明してもらえませんか?

※explain=説明する

先生の説明した内容が理解できなかったときに。

It’s difficult to express it in English./それを英語で言い表すのは難しいです。

※express=表現する

自分の言いたいことがあるけど、英語でどういう風に言ったらいいかわからないときに。

まとめ

先生が何を言っているか分からない。→質問しない。/分からないと言えない。→そのまま授業が進む。
→先生がもっと分からないことを言ってくる!(焦)

こんな悪循環にならないためにも、しっかり分からないことは分からない。と伝えれるようにしておくのがベストです。
そして、ただ単に分からない。で済ますのではなく、どう分からないのか、何を知りたいのかを先生に伝えると授業の理解度もぐんとアップします。

外国人の語学講師から、「日本の生徒はみんな遠慮がちだ。」とよく聞きます。
”自分の言いたいことを黙っておく。伝えない。”と、分からないことが分からないまま進んでしまうので、遠慮せずに伝えてみてくださいね。

分からないことを「分かりません」と伝えることも、会話の練習だということを認識してどんどん教室で質問してみてくださいね。

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!