英語学習

留学に必要な費用はいくら?用意すべき額を算出しよう!

こんにちは!バリ島留学GlobalGateのMiwaです。

「留学に挑戦してみようかな….」と思ったら、まず留学先を考えるのも必要ですが、やはり気になるのは費用がどれくらいかかるかではないでしょうか。
行きたい国が決まっていても、自分の予算とまったくかけ離れていたら!?がんばって予算を増やすか、もう少し予算と見合った留学先を探すか…

留学〇〇〇円~という広告の見出しをよく見かけますが(弊社のサイトも含め)この、〇〇〇円の金額があれば、留学に行けるってことなんでしょうか??

今回は留学費用と呼ばれているものの中身、そして留学するにはいくらいるのかを明確にする方法をご紹介します。

 

留学費用って??

留学費用とは、留学へ行く前の準備から留学先でかかる費用すべてをトータルしたものを指します。
それぞれの学校やエージェントによって、表記の仕方はさまざまですが、表記されている費用には含まれていないものの中には、留学費用の中でも占める割合が高くなるであろうフライトチケットや、宿泊費があったりするので要注意。

いざ留学申込みをして、費用をすべて払ったつもりでも後々現地で費用に含まれていなかった料金を支払わないとダメになったり、食費や生活費が足りなくて困らないためにも、サポート内容や現地の物価などもきっちり把握するようにしましょう。

現地で学校へ通うために必要な費用

 

授業料・入学金

公立か私立か、また大学・専門学校など学校の種類や国によっても料金はさまざまです。
学校によっては、奨学金が受けれるので高すぎると思って諦める前に、奨学金についても調べることをお勧めいたします。

教材費

授業料に含まれている学校もありますが、週にいくら・月にいくらと決まっていたり、決められた教科書の購入を勧められる学校もあります。

サポート費用

こちらは留学エージェントに支払う費用になります。
学校への入学申込み、出発前の質問への対応、現地でのオリエンテーションやトラブル対応など、留学の種類や期間によっても異なってきます。

 

留学先へ渡航するために必要な費用

 

パスポート

パスポートを発行するために必要な費用は、申請する種類によって定められています。

2019年3月現在 (手数料+収入印紙代)
10年間 16,000円
5年間 11,000円

ビザ申請費用

留学する期間・留学先によって、申請方法や申請費用が違ってきます。
まずは申込みの際に、自分がどういったビザで留学先へ入国するのか、申請はエージェントがしてくれるのか、自分で手配が必要なのかをしっかり確認しておきましょう。ビザ申請には、ややこしい手続きがたくさんあるので申請代行エージェントを利用されると、そこでも費用が発生します。

海外旅行(留学)保険

こちらも保険会社や留学期間、賠償金額によって費用が異なります。
特に長期留学をされる方は、病院で診察した際にキャッシュレスで受診できるかどうかなどしっかり加入前に確認しておくことをお勧めします。

航空チケット

航空チケット代金に加えて、空港使用料や燃料サーチャージ、空港税など諸々必要になります。
エージェントに任せてチケットを購入できる場合と、自分で手配する場合がありますが、航空チケットの購入に慣れていない人は購入する前に自分が購入しようとしているフライトで正しいかどうか、エージェントにフライト情報を確認してもらってからの方が安心です。

 

留学先で滞在するために必要な費用

学校以外に現地で暮らすための生活費になります。

宿泊費

アパートや寮、ホームステイの費用になります。宿泊費に食費も含まれている場合もあります。

交通費(通学費用)

サポートに通学費用が含まれている場合、自分でバス代などを支払って通学する場合があります。

食費

食費は留学先の物価によって大きく異なってきます。
だいたいの相場を必ずチェックしていってくださいね。ホームステイの場合は、朝・夜はステイ先で、昼は自己負担であったりステイ先がランチを持たしてくれるところもあるので、事前に確認しておきましょう。

バリ島留学食事
バリ島での留学の場合、学校カフェのランチは約200円~

観光・交際費

休日に観光したり、おみやげを買ったりする費用になります。この費用は現地に行ってから次第というところもありますが、海外にいると日常的感覚が狂ってしまい、ついつい使いすぎて帰国後に大後悔ということも良く聞きます。
また、留学海自序盤に使いすぎてだんだん貧乏生活に….ってことにもらなたいためにも、予算とだいたいの割り振り(1週間いくらまで使えるなど)は予めしておきましょう。

ウブドでヨガ
バリ島でヨガレッスンに参加、1回1,000円前後

通信費

今やネットなしでは生きていけない!!という方が大半ではないでしょうか。
宿泊先にWi-Fiがあるかどうか、学校で無料のWi-Fiが使えるかどうかもチェックし、ポケットWi-Fiを持っていくのか、海外用SIMカードを使うのかなど選択によって費用がぐんと変わってきます。エージェントでも紹介やサポートをしているところもあり、割引があるところもあるので要確認です。

 

まとめ

ひとまとめに”留学費用”と言っても、たくさん種類があり総合計がいくらかかるのかを把握しないと、果たして自分の予算で足りるのか、足りないのかも分かりません。エージェントからもらう見積は、現地での食費や遊び代が入っていないので、その見積プラスいくらかかるかのかをしっかり計算しましょう。留学中は働けないですし(ワーホリは別)、帰国後の生活費などの確保も必要になってきます。

留学前も留学後も安心して生活ができるように、とことん計画していざ申込みしてくださいね!

 

バリ島留学4週間なら留学費用はいくら?

今回は参考にバリ島留学4週間へ行くとしたら、総合計でいくらかかるかを計算してみます。

プログラム費用(授業料・宿泊費・サポート費・送迎費)123,000円
パスポート取得 16,000円
ビザ(30日までの滞在に限る)  0円
水道光熱費 3,500円
保険(弊社取扱いの保険料) 9,200円
食費 (平均)20,000円
交際費 (平均)40,000円
通信費(学校・アパートWi-Fi完備) 0円

合計 211,700円
上記に加えて、航空チケット代がかかります。航空チケットは、日程や便により異なります。(5万~10万円程度)

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!