【難易度別】英語を使える仕事10選

みなさん、こんにちは!

バリ島留学GlobalGateのMiwaです。だんだん暖かくなり、新学期4月ももうすぐ….
やはりこの時期になると、新しいことにチャレンジしたくなりませんか?
私はヨガやピラティスなど、体を動かす事を始めてみたいなぁと色々リサーチ中です。

今回は英語を使える仕事を難易度別にご紹介します。

弊社の留学前アンケートでも”留学したい理由”1位になっている英語を使える仕事をしたいから」
英語を使える仕事に興味ある方は、是非参考にしてみてくださいね。

英語を使える仕事ってどんな種類がある?

「いつか英語を使った仕事がしたいなぁ」と思っている方はたくさんいらっしゃると思います。単に英語を使った仕事といっても、日常会話レベルでも務まる職種~ネイティブスピーカーと同等のレベルを求められる職種もあります。

自分の今のレベルと就きたい職種に必要なレベルを比べて、どの程度のレベルアップが必要か把握することは、学習プランや目標を作るのに役立ちます。

では、英語を使える仕事、10種類をご紹介します!

難易度★★★日常会話レベル~(目安TOIEC500点~)

英語での基本的な受答えや読み書きを必要とされる仕事です。

接客スタッフ

レストランや、アミューズメント施設、ホテルなど、年々増加している外国人旅行者を接客する仕事

旅行スタッフ

国内や国外の旅行者の観光案内をするツアーガイドや、旅行の計画や広報などを行うツアーコンダクター、航空チケットやホテルの手配を行う旅行会社スタッフなど、旅行に関わるお仕事

入国審査官

日本に入国・出国する人へ期間や滞在先の確認をし入国できるかを審査や不法滞在、不法入国などの違反審査する仕事

通関士

日本での輸出入されるものに対しての税関の手続きを行う仕事

難易度★★★★ビジネス会話レベル~(目安TOIEC600点~750点)

交渉や案内、教育などに携わるお仕事。専門的なワードなどが必要とされる場面が多々あります。研修制度がある職種も多いです。

CA

飛行機の乗務員として、搭乗から到着までのいろいろな業務・旅行者へのサービスをする仕事

英文事務

英語を使った資料作成やメール対応、また電話対応などをする仕事

語学講師

日本語講師、英語講師など、英語を使って語学を教える仕事

 

難易度★★★★★ネイティブ会話レベル~(目安TOIEC700点~900点)

高度な語学力と専門知識が必要なお仕事。英語だけでなく、多言語を必要とされる職種もあります。

パイロット

旅客機や航空機を操縦士して、乗客を目的の場所まで運ぶ仕事

翻訳家

英語の文章を日本語に訳す仕事

国連職員

国連期間であるのWHOやUNICEFなどで務める仕事

英語を使った仕事まとめ

それぞれの仕事によって、求められるレベルや専門分野が異なってきます。

「英語を使える仕事をしたい」と思っておられる方は、ぜひ自分がなりたい、または興味があるお仕事をまずはピックアップし、必要な知識やレベルなどを得るための戦略を立てることをお薦めいたします。

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!