【初心者向け】1日15分/スキマ時間にできる英会話トレーニング「してください/しないでください」×命令文

今回は命令を伝えるトレーニングです!

トレーニング方法)
Step1:英文を見て「シチュエーションをイメージ」しながら声に出して読む。
Step2:日本語を見て「シチュエーションをイメージ」しながら英語を声に出して言う。
Step3:自分で英文を作る。

Step1・Step 2を繰り返し行ってください。
繰り返し行うことで、自分の中に「型」がインストールされ、単語を変えるだけで伝えられる幅がぐんと広がります。2が口からスラスラ出てくるようになると合格です。

それでは、スタートです♪
今回のトピック:「命令文」
学習時間目安:1日15分×7日間
学べる文法:命令文の使い方

解説)
◆「 △△ + 〇〇 .」しなさい/してください
◆「Don’t △△ + 〇〇 .」しないで/しないでください

・命令形は動詞(△△)を文頭に置きます(丁寧に伝えるときは“please”を動詞の前に置きます)。

Step1:英文を見て「シチュエーションをイメージ」しながら声に出して読む。

1.Wash you hands.
2.Go to bed .
3. Don’t forget to bring your homework tomorrow.
4.Please give this document to him.
5.Don’t forget your jacket.
6.Finish your plate.
7.Please make the report by next Sunday.
8.Don’t use my bicycle today.
9.Don’t chat in this room.
10.Please come inside.

Step2: 日本語を見て「シチュエーションをイメージ」しながら英語を声に出して言う。
1.手を洗いなさい。
2.もう寝なさい。
3.明日宿題を忘れないようにね。
4.この書類を彼に渡してください。
5.コートを忘れないでね。
6.全部食べなさい。
7.次の日曜までにレポートを作成してください。
8.今日私の自転車を使わないでください。
9.この部屋でおしゃべりをしないでください。
10.中に入ってください。

Step3:インストールした「型」を使って文を作る。

誰かと話しをするつもりで声に出して言ってみて下さい。
辞書を使ってもいいですし、例文の一部をアレンジして作ってもOKです!

例))Don’t forget your jacket. コートを忘れないでね。⇒Don’t forget your bag. かばんを忘れないでね。
1.
2.
3.

【会員特典】
ご希望の会員さんは、Step3の英作文をLINEもしくはメールで送っていただくと、添削とコメントを添えてお送りします。

▼LINEはこちら
LINE友だち追加

▼メールはこちら
info@globalgate.asia

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!