【初心者向け】1日15分/スキマ時間にできる英会話トレーニング「どんな~も・何も」×any(否定文)

今回は『どんな~も・何も』について話すトレーニングです!

トレーニング方法)
Step1:英文を見て「シチュエーションをイメージ」しながら声に出して読む。
Step2:日本語を見て「シチュエーションをイメージ」しながら英語を声に出して言う。
Step3:自分で英文を作る。

Step1・Step 2を繰り返し行ってください。
繰り返し行うことで、自分の中に「型」がインストールされ、単語を変えるだけで伝えられる幅がぐんと広がります。2が口からスラスラ出てくるようになると合格です。

それでは、スタートです♪
今回のトピック:「どんな~も・何も」を表現する
学習時間目安:1日15分×7日間
学べる文法:anyの使い方

解説)
◆「any 〇〇(s)」どんな〇〇も
◆「anything」何も
◆「anyone」誰も
◆「anywhere」どこにも

・この型では、否定文においてのany「どんな~も・何も」の使い方を学びます。
・〇〇には名詞を入れます。

Step1:英文を見て「シチュエーションをイメージ」しながら声に出して読む。

1. I didn’t eat anything today.
2. I didn’t bring any money today.
3.I can’t remember any words in this book.
4.I don’t want to see anyone this weekend.
5.I didn’t go anywhere yesterday.
6.I can’t drink any drink with sugar.
7.I don’t want to think anything now.
8.I didn’t buy any food at the supermarket.
9.I don’t want to have problems anymore.
10. I couldn’t find any good books at the library.

Step2: 日本語を見て「シチュエーションをイメージ」しながら英語を声に出して言う。

1.今日は何も食べていません。
2.今日は一円も持ってきていません。
3.この本の単語を何も覚えられません。
4.この週末は誰にも会いたくありません。
5.昨日どこへも行きませんでした。
6.加糖のどんな飲み物も飲めません。
7.今は何も考えたくありません。
8.スーパーでどの食品も買いませんでした。
9.これ以上問題を抱えたくありません。
10.図書館でいい本を何も見つけることができませんでした。

Step3:インストールした「型」を使って文を作る。

誰かと話しをするつもりで声に出して言ってみて下さい。
辞書を使ってもいいですし、例文の一部をアレンジして作ってもOKです!

例)I didn’t bring any money today. 今日は一円も持ってきていません。⇒I didn’t bring any books today.今日はどの本も持ってきていません
2.
3.

【会員特典】
ご希望の会員さんは、Step3の英作文をLINEもしくはメールで送っていただくと、添削とコメントを添えてお送りします。

▼LINEはこちら
LINE友だち追加

▼メールはこちら

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!