リゾートで英語を学ぶバリ島短期海外留学|Global Gate グローバルゲート

アジアから世界の扉を開く英語留学

留学後インタビュー

留学後インタビュー

将吾さん(留学時20歳)

バリ島留学後、現地の生活や今後の目標についてお話いただきました。

Q. 留学中のことを聞かせてください。授業はどうでしたか?

私はPre-intermediate(中級)クラスでしたが、授業内容は高校生の授業レベルで難しいとは思いませんでした。日本では一方的に授業を聞いて書くだけのことが多いので、少人数制で先生との距離も近く、会話重視で授業が進められるのが良かったです。先生の話をきちんと理解することや自分自身で発表することに関してはなかなか言葉が出ず、苦労しましたね。笑。どんな状況でも先生たちがとても優しくて、勉強だけでなくバリ島の文化や生活のことも色々教えてくれました。

Q. 授業に関して色々な思い出があるでしょうが、印象に残っていることはありますか?

卒業生

課外授業のカフェトークが印象深いです。普段教えてもらっている先生のゆっくりとした優しいスピード感と違って、ネイティブの先生のスピード感にあっけにとられました。本場っぽくて気分も変わり、刺激的でした。

Q. 滞在先のアパートはどうでしたか?

清潔感があり、とても住みやすかったです。スタッフもすごく良い人達で直ぐに仲良くなりました。彼らとは今もSNSでやり取りしています。

Q. 放課後や休日はどのように過ごされていましたか?

皆仲が良かったので、放課後にサヌールやクタへよく一緒に出掛けました。休日は足を伸ばしレンボンガン島へ行って、キレイな海でシュノーケリングしたり、キンタマーニ高原へ出掛けたりと、とても充実していました。中でもウルワツのケチャダンスを見た時のサンセットは最高でした。

Q. 生活費はどれくらい使いましたか?

3週間で5万円持っていきましたが、私の場合観光もたくさんしましたが十分でした。昼食は学校近くのワルン(食堂)やデリバリーを利用していました。夕食もワルンやナイトマーケットを利用していたので、一食200~300円でお腹一杯食べれました。キレイ好きな人には厳しいかもしれないですが・・・苦笑。休日には遠方まで観光にも行きましたが、他のメンバーと考えて工夫すれば費用は抑えられると思います。

Q. 留学したいと思った切っ掛けは何ですか?

高校2年生の時、修学旅行で行ったカナダが切っ掛けです。英語を話せたらたくさんの人達とコミュニケーションが取れるし、何よりも格好良いと思いました。それから苦手だった英語を勉強し、留学することを目標に外国語大学へ進みました。

Q. では、GlobalGateのバリ島英語留学を選んだのは何故ですか?

アメリカ留学を目的に外国語大学へ進みましたが、1年間アメリカに留学するには今の学費にプラス、アメリカ留学費用が必要です。今通っている学校は留学奨学金という制度があり、その選考試験に合格すると、現地での費用を学校が支援してくれます。とは言え、なかなかハードルの高い選考試験。その試験に合格する為、夏休みを利用して短期留学しようと考え、学校のプログラムや他のアジア留学など、様々なものを検討していました。1ヶ月という限られた期間で価格が抑えられて、せっかく行くのだから勉強以外にも観光をしたり、その土地の文化に触れたり、外国の友人などを作ったりしたいと考えていたので、その全てを満たしていたのがGlobalGateのバリ島英語留学だったので決めました。治安に関しても不安に思っていたので、空港や毎日の学校送迎があったので、それも後押しになりました。

Q. 留学するにあたって、不安に思っていたことはありますか?

卒業生

そこまで不安はなかったですが、授業についていけるかとか、体験談を見ていると参加している人の年齢層が幅広かったので、みんなと仲良くやっていけるか等、心配しましたが、グループレッスンというのもあり、すぐに輪の中に入っていけました。

Q. 留学前に英語についてどのような準備をしましたか?

中学校・高校で学んだ基本的な文法を見直して、現地で生活するにあたって困らないように、最低限のフレーズを覚えました。

Q. バリ島英語留学を終えて、一番何が身についたと実感しますか?

毎日英語を話すことで英語に対する抵抗がなくなりました。ちょっとした会話がスムーズに出るようになり、学校の授業でも発言する回数が増えていることに気づき、力がついたと実感しています。

Q. 気持ちの変化はありますか?

留学へ行くまでは、いつも「ちゃんとしなければ!」というようなプレッシャーがあり、息が詰まる感じがあったのですが、バリ島英語留学を経験し、バリ島の人達の生き方に触れたからか、「何とかなる」「大丈夫!」と思えるようになりました。それは、少し自信がついたからかもしれませんね。

Q. 英語の勉強は、どのように継続されていますか?

留学へ行ってリスニングに慣れたので、その感覚を忘れないために、リスニングの時間を増やしています。また普段でも意識して洋楽を聴いたり、洋画を観たりしています。

Q. クラスメイトとのやり取りは、今でもありますか?

直接電話で話したり、SNSでやり取りしたりしています。数ヶ月前にみんなで集まって食事もしました。バリ島のローカルの人達や観光で訪れていたアメリカ人とも仲良くなったのでFacebookで今でもやり取りしています。

Q. 今後の目標を教えてください。

留学奨学金選考試験に合格し、アメリカ留学という一つの目標を達成することができました。アメリカでは1年間マーケティングについて学ぶ予定ですので、アメリカ・日本にこだわらず英語が活かせる仕事に就きたいと考えています。

Q. バリ島英語留学を検討されている方にアドバイスをお願いします。

卒業生

外国人、バリ人、日本人、誰に対しても積極的に自分から接してみてください。一人でできることでもみんなと一緒に力を合わせてやってみて下さい。それは日本ではできないことで、現地まで来た人の特権ですから。そうすれば、必ず素晴らしい経験を手に入れることができると思います。勇気を持って、一歩踏み出してみましょう。優しい先生たちが受け止めてくれますよ!

将吾さん、ありがとうございました。次の目標に向かって頑張ってください!



資料請求

バリ島留学 無料説明会

3月出発 春の留学応援キャンペーン!

成田発エアアジア直行便就航

バリ島でできること

授業初日の予定

留学体験記

生徒さんたちの留学生活日記

現地スタッフのバリ島情報ブログ

バリ島留学インスタグラム

Global Gate 会社概要

MasterCard キャッシュパスポート

TOPページヘ このページの先頭へ