ワクワク楽しいナイトマーケット

こんにちは!
ヘルメットのシールドが片方外れ、ブラブラのまま通勤しているんですが、風を受けると変な方向に身体を持って行かれちょっと怖い昨今のGG現地スタッフきな子です。

今回はバリの庶民の生活には欠かせない「市場」にスポットを当ててみましたよ~。
市場と言っても「朝市」と「夜市」があるんですが、我が家の近くサヌールのPasar Sindu(パサール・シンドゥ/シンドゥ市場)のPasar Sengol(パサール・センゴール/夜市)に行ってみましたよ。

ナイトマーケット

わ~いきなり凄い人!大きな欧米人の方々が型を寄せ合いながらお地元料理に舌鼓。
こちらのゴーシャという屋台は欧米人の方達に大人気。
それもそのはず、安いのにワンポーションのボリュームが凄いんです!

ナイトマーケット

ぎゃーーー!犬がぁーーー!しし死んでるぅぅぅぅ!!っと思いきや、堂々とナイトマーケットのど真ん中で爆睡されておりました。
誰もイタズラしたり虐めないっていうのが分かってるんでしょうね~、のどか~。

ナイトマーケット

こちらはバッソ(肉団子スープ)の屋台です。
バッソと呼ばれる肉団子は鶏肉かビーフかが選べ、値段によって盛りのボリュームが変わってくるんです。

ナイトマーケット

手前がきな子がオーダーした鶏肉のバッソRp10,000分です。
バッソも美味しいのですがこのスープを吸った厚揚げがおいしぃぃぃぃぃ!!
お地元の方達は食べる前にサンバルやケチャップと呼ばれる調味料などをどちゃどちゃ入れて頂くんですよ。

ナイトマーケット

こちらはナシチャンプル屋さんですね~。
ナイトマーケットのナシチャンプル屋台は殆どがおかずを選んで盛ってもらえるので好きなものを好きなだけ頂きましょう。
因に「JAWA TIMUR」と書いてあるのでこちらの屋台は西ジャワテイストのナシチャンプル屋さんです。

ナイトマーケット

ここもいつも混んでるミーアヤム(鶏肉のそぼろを乗せた麺)の屋台です。
お店のお兄さんが手早くちゃっちゃと調理をしていきますよ。
立って待っている人達はテイクアウト待ちの方々。
バリではな~んでもテイクアウトができちゃうんです。

ナイトマーケット

うぅ~ん、美味しそうな香りがしてきました~。
おじさんが丼にスープを注いでますね。
きっとソトアヤム(チキンスープ)の屋台だと思いますよ~。あれ?んっ!?

ナイトマーケット

ぎゃーーーっ!近寄ってみたら丼から鶏の足がぁーー!
そうなんです、ソトアヤムの屋台なんですが、コラーゲンたっぷりのチェケール(もみじ)を求めて沢山のオーダーが入っておりました。
因にきな子はチェケール、、、苦手です、はい。

ナイトマーケット

「ROPONGGI」気になりますよね~。
こちらは新しめのおやつ屋台です。
「六本木」は名前だけで日本に関わるようなものを売っているわけじゃないんです。
大きめのパンにマーガリンをたっぷり塗って鉄板で焼き、お好みでジャムやチーズ、チョコレートなどを挟んでもらうんです。
おやつにお友達と分け分けしていかがですか~?

ナイトマーケット

パサールシンドゥのナイトマーケットは食べ物だけじゃなく、洋服や下着、コスメ、おもちゃ、バティックなどの販売屋台もあるんです。
因にこちらはDVDやCDの海賊版を売っている屋台。
バリでは購入する前に視聴や試し観ができるので気になったものがあったらお店の人に見せてもらいましょう。

ナイトマーケット

こちらは、きな子もよく買うゴレンガン(揚げ物)屋台でございま~す。
ジャワ人のお母さんが調理をし。

ナイトマーケット

お父さんが販売をしているんです。
揚げ物の種類も色々でテンペやバナナ、厚揚げ、野菜入り厚揚げ、お芋、豆を潰したものなどと盛りだくさん。
買う時は「テンペと芋混ぜてRp5,000分ください」というような方式。
緑の小さな唐辛子もくれるのでそれをかじりながら頂くんですよ~。

ナイトマーケットはまだまだ沢山の屋台があるので今後もじっくりレポートしますね。
安くて便利なナイトマーケット是非足を運んでみてください~♪

See you♥

【Pasar Sindu】
Jl. Pasar Sindu No.5, sanur
だいたい17:00ぐらいから22:00ぐらいまで。
屋台によって営業時間はかわってきます。

★蛇足★
ナイトマーケット

堂々とつな着の上にビンタンランニング!イカス!?