初めての「火葬式」ご招待 ◆バリ島 ウブド

最近朝日を見に行くのが日課になりつつ、毎日昼過ぎにはうとうとあっちの世界に行っている、
英語留学のGGバリ島現地スタッフ、きな子です。

皆さんウブドにある「ネカ・ミュージアム」はご存知ですか?ガイドブックには必ず掲載されている、
バリの中でもトップクラスの美術館なんですが、そのネカミュージアム創設者であり、美術品収集家でもあるパンデ・ワヤン・ステジョ・ネカさんの奥様がお亡くなりになられ、ガベン(火葬式)を行なうということで生まれて初めて火葬式の招待状を頂き、行ってまいりました。

ウブド王宮の大火葬式「プレンボン」の記事はこちら↓
その1 http://www.globalgate.asia/baliinfo/wp/archives/1997
その2 http://www.globalgate.asia/baliinfo/wp/archives/2016
その3 http://www.globalgate.asia/baliinfo/wp/archives/2038

火葬式
こちらがその招待状。
ガベン(火葬式)の招待状ではありますが、他のページにはその日のスケジュールや後日のウパチャラ(儀式)の案内、会場の地図などなどが掲載されている豪華な招待状。

火葬式
会場に行くとまずは受付。そして受付ではお菓子やら飲み物が用意されていて中の来賓が集う場所に案内されました。
その中は皆さんキラキラと豪華!お葬式とは思えないおもてなしやきらびやかな民族衣装で皆さん笑顔!
このご婦人達はヘアースタイルにも気合いを感じます。

火葬式
ネカさん発見(写真上段右からふたり目)!ご挨拶をしつつ皆さん記念写真の嵐。
なんてったってバリではとても有名人ですからね、
でも疲れないのかな~。

そして、ネカさんの右隣に居るのはネカ・ミュージアム近くにあるブランコ・ルネッサンス・ミュージアムのマリオ・ブランコさん。
お父さんであるスペイン出身の故アントニオ・ブランコさんがそのミュージアムの創設者でマリオさんはスペインとバリのハーフの方。
行くとだいたいアトリエで制作作業をされていますよ。

ネカガベン
来賓が待つ場所で色んな人と談笑した後は、
「こちら、お食事をお先にどうぞ」と、まるでウェデングパーティーのようなテーブルセッティングの会場に案内されました。
あ、また有名人発見!写真左は写真家のリオ・ヘルミさん、ウブド内にギャラリーカフェもありますよ。

そしてその左はプリアタンのグヌンサリ舞踊団とティルタサリ舞踊団を率いるバグースさん。ケイコ・マンダラさんのご主人でもあります。

バグースさんとケイコ・マンダラさんについてもこちらをご覧ください↓
http://www.globalgate.asia/baliinfo/wp/archives/2016

http://www.globalgate.asia/baliinfo/wp/archives/2016
見てください!凄い豪華でしょ~。
ココはネカさの息子さんのなんとご自宅。プールもあります、走れます。

調子に乗ってパチリ。

インドネシア料理

お食事はビュッフェ方式でインドネシア料理、バリ料理が色々。
ネカさんの息子さんはコマネカなど同系列のホテルを5つほど経営されているので、ケータリングはお手のもの。
ホテルスタッフの方々も沢山お手伝いに参加されてました。

行進
さて、始まりましたバデ(塔)とルンブー(牛の棺)の行進。もちろん道路も一時封鎖されます。

火葬式
可愛い笑顔は今回の主役、ネカさんの奥様の若かりし頃を描いた絵ですね。

火葬式
バデやルンブーの前後周りには大勢の人がぞろぞろと焼き場であるプラダラムへ一緒に向います。
それにしても暑い。

火葬式
ほら、この空の青さ、暑いのが分かるでしょ~?

暑さ避けに皆さん色んな物を日よけ代わりにしています。
わ~バデが走ってくる~逃げろ~!!

火葬式
プラダラムに到着してからは火葬前に色々な儀式が行なわれ、
バデからルンブーに遺体が移されての火葬となるんです。

火葬式
暑いし道のり長いし、まだまだ儀式は続くし疲れるよね~。
ルンブーの前でお疲れな様子はネカさんのお孫さん。

火葬式
そろそろ点火かな?ドゥーパ(お線香)の小さな火で点火をするのですが、それを撮りたいがために沢山のカメラマンがそこに集中。

火葬式
小さな火があれよあれよという間に広がっていきます。
ご家族はどのような思いで見てられるんでしょうか。

火葬式
ほ~ら、あっという間にメラメラです。
燃えた後は灰を海に流すんですが、その頃になるともうファミリーの皆さんだけが執り行うような感じです。

バデやルンブーの行進からは何度も参加したり観に行ったりしたことがあったんですが、行進前はまさかあんな結婚式みたいな雰囲気になってるとはビックリでした。

See you♥

★蛇足★
ナシジンゴ

早朝、道ばたで売っている果物やお菓子、ナシジンゴ(ナシチャンプルの少量バージョンを紙で包んだお弁当)を買って出勤するのがバリの日常。
助かってます。

今ならお友達登録で5,000円GET!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングに参加中!ぜひポチッと押してくださいね!

バリ島英語留学 Global Gate

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!