巷で噂のお手軽フレンチ食堂 ~イエス・アヤム~バリ島 サヌール

つい先日まで暑くてワンコのようにハアハアよ舌を出していたのに、あっという間に涼しくなって来たバリ島。

朝晩の水マンディ(沐浴)も段々ときつくなって来た今日この頃。

こんにちは!英語留学のGGバリ島現地スタッフ、きな子です。

皆さん「フレンチ」と言うと「値段が高い」「敷居も高い」「気取ってるんじゃないわよー」なんて思いませんか?

そんなハイソなフレンチイメージを覆すフレンチ・ワルン(食堂)「Yes Ayam(イエス・アヤム)」に行ってきました。

Yes Ayam

サヌールのバイパスより西側、今ホットなバトゥールサリ通り沿いにある「イエス・アヤム」。
2016年にはオープンしているそうですが、全然知らなかった~。
「アヤム」とはインドネシア語で「鷄」。
でもなんでフレンチのお店でそんな店名かと思いきや、この看板にもなっているローストチキンが売りなんですって。
店頭にはこんなチキンがグリングリン回っていますよ~。

Yes Ayam
看板といい、店構えといいフレンチとイコールには成りにくい感じですよね。
ほんと小さなワルンサイズのお店なんです。
オープンは夕方からなので外席も気持ち良いですよ~。

Yes Ayam
は~い、こちらが本日のメニュー。メニューは日によって色々なので行くのが楽しみになりそうなお店です。
でも、このメニューを見て「フレンチ」とも思いにくいのはきな子だけでしょうか?
きっと日本人の「フレンチイメージ」が随分と高級なものになっているんでしょうね。

Yes Ayam
黒板メニューもありますが、ほとんど上の写真のと同じです。
「料理少ない?」っと思うかもしれませんが、こちらはフランス人店主がひとりでキッチンを回しているんです。ホールもひとりなので丁度良いのかもしれません。

Frenchfood
さっそく一品目!ポテトとマッシュルーム、インゲンをクリームソースで和え、ポーチドエックを添えたひと皿。
なんか朝食みたいっと思いつつひと口。

セボーーーーンっ!クリームが濃過ぎないばっちり濃度!
よくクリーム系の料理って途中で飽きる事が多々あるのですが、これはひと皿ペロリいけますっ、うんっ!

食べている時から「おかわり~!」と言いたい料理ですよ。

こんなセボンなホワイトクリームとポーチドエッグはお皿を舐め回すまで頂きたいのでバケットとを貰いました。

Frenchfood
そして肉ーーーー!!ソースが選べるフィレステーキは200g。きな子は大好きなブルーチーズソースにしました。

他店ではソースがお肉にかかってくることが多いので、いつも別々にしてもらうのですがこちらはちゃーんと別で出てきましたよ。お肉だけの味も楽しみたいですからね~。

ミディアムレアーで焼いてもらったお肉、一見握り拳のようですがジューシーでうっま~い。
ソースなしでも充分いけます。

そして、ブルーチーズソースですがっ、がっ、がーーー、美味し過ぎでしょ~。
たまに水で薄めたようなしゃびしゃびのブルーチーズソースが出てくる店もあるのですが、
こちらのは濃厚!このソースだけ舐めながらバゲットとワインが欲しくなります。
それに付け合わせのポテトも美味しすぎるーー!!このポテトもおかわりしたいくらいです。

cat
あ、欲しいの?
こちらのねこちゃん、お客さんの席を回っておこぼれを頂いておりましたよ。
赤ちゃんを生んだばかりだそうで、お母さんは栄養をつけないといけないですもんね。

Frenchfood
きな子の大好物、フォルマッジ!チーズの盛り合わせ~。
35g, 60g, 100gと量が選べるチーズは癖のあるものばかりできな子好み~!!

牛のチーズやゴルゴンゾーラ、ブリーにヤギのチーズなどとこれも日によって変わることがありますが、ブドウの葉に包まれたヤギのチーズがまたもぉ~癖有り過ぎでひと口できな子を虜にしました(写真右手前)。

なんと言いましょうか、食べてはいけないお口いっぱいに広がるケミカル臭。これはやっぱりワインですよね~。もちろんワインもグラスから置いてますよ。

このチーズ、きな子的には「パイプマン風味の」と命名しました、はい。

frenchfood
クリームブリュレもセボーン!

舌に絡み付くソフトなクリームは口の中でずーっとネロネロ舐めていたいほど。
1日に4食ぐらいしかないのでご注意を。

Yes Ayam
19:00ともなればもう満席状態。
フランスの方々は初めにワインと会話を楽しみながらのお食事へ。
日本の方々はがっつり食事をされて帰られるような感じでした。

Yes Ayam
はい、今夜のお会計~。数字は見にくいですがトータルでRp.34,5000!
「フレンチ」「ステーキ」「チーズ各種」なのにこの値段って凄くないですか?
こんな嬉しいお値段で頂けるフレンチなんて他で聞いた事がありません。

「タンタンの冒険」のタンタンのようなフランス人店主がひとりでつくる温かなフレンチ料理。
「何を食べても美味しい」と、サヌール在住の日本人の間でも評判なんです。
週末はお休みなので平日のオープンしてすぐの時間に行かれるのをおススメします。

毎日でも行きたいお手軽フレンチいかがですか~?

See you♥

【Yes Ayam】
Jl. Batur Sari No. 27, Sanur
082・1440・73399
17:00~22:00(土日休み)
www.trattoriaasia.com

★蛇足★

Yes Ayam
でっ…ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングに参加中!ぜひポチッと押してくださいね!

バリ島英語留学 Global Gate

バリ島留学について、トークで質問してみよう!

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!