人生最大の通過儀礼Ngaben(火葬式)

こんにちはっ!GGバリ島現地スタッフのきな子です。

バリに居ると度々色んな儀式をいたる所で目にします。
人間が生を受けてから死ぬまでもいくつもの儀礼を通って行くのですがその中でも「人生最大の儀礼」と言われているのがお葬式(ガベン、アベン、ンガベン)なんです。
バリは人間が死んでから一度土葬をし、それから火葬式という形をとるのですが、これまたほんと盛大。
一番お金がかかる儀式なので、個人だけの火葬式でなく合同火葬式なんていうのもあるくらいなんです。

そこで今回、2018年3月2日(金)にウブド王宮Anak Agung Niang Agungさん96歳の火葬式があるんです。
ウブド王宮の火葬式、すっごいですよ~!見物ですよ~!派手ですよ~!
今まできな子も何度か見に行ったことがあるんですが、街を上げてのお祭り風。王族関係者も村の人々も気合いが入っています。
過去のウブド王宮の火葬式の様子をちょっと見てみましょ。

バリ島のお葬式 ガベン

立派ですね~、派手ですね~。
これは貴族が亡くなった時に火葬に出向く際ご遺体を乗せるバデという火葬塔です。
この派手な装飾はバリヒンドゥー教の世界観を表しているんですって。

バリ島のお葬式 ガベン

バデの大きさ分かりますか?めちゃくちゃ高いんです。
これをウブド王宮からウブド内東側にあるプラダラム(死者の寺)まで御神輿のようにして男衆が運ぶんですよ~。
背の高いバデが通りを練り歩くもので、もちろん電線は一度下ろし、もれなくウブド内半日停電になります。
儀式優先です、ましてや王族ですもの~。

バリ島のお葬式 ガベン

プラダラムには既にた~くさんの見物人が集まっていますね~。
これ何やってると思います?バデからご遺体を下ろしているんですが、何せ高いので手作りのスロープで男衆がえっちらおっちら下ろすんです。

バリ島のお葬式 ガベン

うおっ!牛!デカイっ!それにしても綺麗に作ってありますね~。
これはルンブーという棺なんです。
ちょうとバデから下ろしたご遺体をルンブーに移し替えている時ですね。

バリ島のお葬式 ガベン

迫力~!立派だこと~。
王族関係の方々はルンブーの上でご遺体と最後のお別れ。

バリ島のお葬式 ガベン

それらの行程が行なわれている間にはにぎにぎしくバリス隊の踊りなんかもありました。

バリ島のお葬式 ガベン

バリの通過儀礼にはガムラン隊も欠かせません。
ウブド村の男衆の張り切りどころです。

バリ島のお葬式 ガベン

バデのスロープにはすっかり観光客が場所を陣取っています。
ルンブーの下にいらっしゃる白い民族衣装の方々が王族関係者。記念撮影ですね~。
既にこの時、ルンブーの下から火が放たれていました。

バリ島のお葬式 ガベン

うぉーーー!早い早い!火の手が回るのはめちゃくちゃ早いです。
ルンブーが燃えていく~。
それにしてもこの距離でも熱い!

バリ島のお葬式 ガベン

いつも火葬式がある時は消防車が待機。
ホース根元に穴か空き、この時きな子ずぶ濡れです…。

バリ島のお葬式 ガベン

まるで牛の口から黒い煙を吐き出しているかのような迫力!
ガスバーナーの音がゴーゴーいってます。

バリ島のお葬式 ガベン

すっかり骨になってしまったルンブー。
崩れ落ちるので見学中は少し遠目から見るようにしましょう。

バリ島のお葬式 ガベン

こちら火葬式屋さんです。
皆さん同じユニフォームを着て背中には「移動火葬式屋」と電話番号まで書かれて宣伝バッチリ!
ルンブーの燃える状態を見つつ火葬式屋さんがガスの調節をして燃やして行くんです。

バリ島のお葬式 ガベン

すっかり燃えてしまいました。
残り火が危ないのでちゃんと放水!

これで火葬式は終わりなのですが、ウブド王宮からプラダラムまでの行程も見物なのでお見逃しなく。

だいたい昼ぐらいからウブド王宮をスタートですが、午前中早めに行ってスタート前にゆっくりルンブーやバデを見学するのもいいですよ。
ウブド内通行止めになりますのでご注意ください。

2018年3月2日(金)ウブド王宮の火葬式お見逃しなく!
きな子も行ってま~す。

See you♥

★蛇足★
ビーチ

見えてますよ~!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングに参加中!ぜひポチッと押してくださいね!

バリ島英語留学 Global Gate

この記事が気に入ったら、SNSでぜひシェアしてね!