頭丸ごと豪快魚スープ!

こんにちは!GG現地スタッフきな子です。

今回は久々に感動した地元ワルン(食堂)をご紹介しましょう。
よくこの店の前は通っていたものの、まったく存在を知りませんでした。
これからはちょこっとでも挨拶して通りすがらなきゃ、っと思うほどの感動の美味しさ~♪
ローカル食堂

クタのバクンサリ通りにある「Soup Kepala Ikan Mr. Dwi(スープ・クパライカン ミスター・ドゥイ)」がそれです。
スープ・クパライカンとは「魚の頭のスープ」のことでMr. Dwiは店主のドゥィさんの名前です。
バリでは店主の名前が店名になっているワルンは一般的なんですよ。
そして、写真の左上に「ADA」の文字が見えますか?このサインはこちらのお店のポイントのひとつ。「ADA」とは「ある」、そう「まだあるよ~」という意味です。材料がなくなるとこのサインが「HABIS」、「なくなった」「売り切れ」という意味なので要チェックです。

ローカル食堂

10:00過ぎぐらいだったのですがお客さんがパラパラ。
土曜日なのでブランチ的に来ている人もいるんでしょうね、きっと。

ローカル食堂

はい、ごはんが先にやってきました。乾いてしまわないかちょっと心配。

ローカル食堂

お地元レストランだとお椀でパコッとひっくり返したご飯が多いですが、ワルンはこんな感じが普通ですね。フライドオニオンも乗っていますよ。

ローカル食堂

っと、思ったら間髪入れずにスープやってきました~!!
きな子達メニューも見ず、オーダーもしてないのに何故って?
そう、こちらはこのメニュー1種類だけのワルンなんです。
ごはんと飲み物、スープクパライカンでRp.35,000!安いっ!
後ろの柱にもポップがありますよね。
明朗会計これっぽっきり~分かりやす~い。

ローカル食堂

バリのハーブ、クマンギも出てきました。
だいたい揚げ物を食べる時に一緒についてくる事が多く、これを食べると口の中がさっぱりするんです。
こちらではスープに入れるとまた美味しいとのことで~。

ローカル食堂

入れてみました、クマンギ。
それにしても凄いボリューム、本当に魚の頭まるまる入ってるんですよ。
日によって魚は違うとのことで、この時はバラマンディでたまにサーモンの時もあるんですって~!!
クリアなスープの割りに魚がしっかり煮込まれ柔らか~い!だけど煮崩れしてないと思ったら煮てる途中で魚とスープを別にするんですって。
そして、お客さんに出す前に魚とスープを一緒にしてワンポーションづつ熱々に。
だからスープもクリアで魚も煮崩れしないんですね~、ふむふむ。

ローカル食堂

さっぱり系のスープはスパイス類が入っているものの辛くなく魚のエキスがじんわり染み出ています。
スープをもっと美味しくするアイテムとしてクマンギ以外にサンバル(チリペースト)もお忘れなく。辛いのが苦手な方はちょっとだけ入れてみてくださいね。
それとジュルッニピス(ライム)も出てくるのでそれをキュッと絞るとあ~も~美味しい~の極みです。
初めはそのままで、それからサンバルやジュルッニピスを絞ったりしたら何段階もの味が楽しめますよ。
それと、小骨も多いですが骨周りがまた美味しいので手を汚しながらでも頂きたくなります。
骨入れ用のボールも出てくるのでそこへポイポイ。

ローカル食堂

いや~!お腹いっぱいです。
お支払いついでい店内を徘徊すると壁にはお客さんが美味しそうに食べてる写真が沢山!これだけこのお店のファンが居るということですね。

ローカル食堂

こちらが店主のMr. Dwi、ドゥィさん!笑顔がいいですね~、日本語が少しできますよ。
初めはスーパーの敷地内で細々と営業していたらしいのですが、味が人を呼び行列ができるほどになったそうです。
今はこのバクンサリ通りに落ち着いていますが、やはりお客さんが押し寄せるとすぐ「HABIS」、なくなってしまうのでお早めに~。

Rp.35,000でお腹いっぱいで~す!

See you♥

【Soup Kepala Ikan Mr. Dwi】
Jl. Bakung Sari No. 3, Kuta
087-8624-16472
08:00~夕方なくなるまで

★蛇足★
サヌール市場

最近本当にこんな豪雨雷雨、とほほほほ@サヌールの市場、パサールシンドゥ。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングに参加中!ぜひポチッと押してくださいね!

バリ島英語留学 Global Gate